読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西街歩き・街の記録

関西の街を記録する

コスモスクエア駅からマーレへ

大阪
f:id:betelgeuse8:20160228014815j:image

大阪市営中央線本町駅から15〜20分。大阪港駅の1つ先の駅です。

大阪港駅近くに海遊館があるため、コスモスクエア駅まで来る人は少ないのではないでしょうか?

実際、多くの乗客が大阪港駅で降り、コスモスクエア駅で降りたのは私と数人だけでした。

f:id:betelgeuse8:20160228081734j:image

地上に出ると強い潮の香り。そこには海が広がっていました。

f:id:betelgeuse8:20160228080220j:image

可能な限り海に近づくとこの風景。柔らかい風に吹かれて散歩。

一通り歩いたところで近くにあるATCタウンアウトレットマーレへ。

f:id:betelgeuse8:20160228080752j:image

だいたい徒歩10分くらい。しばらく上の写真のような景色が続きます。(マーレが目的ならコスモスクエア駅の次の駅「トレードセンター前駅」の方が早く着きます。)

マーレに到着。アウトレットモールらしいのですが、土曜なのにけっこう人は少なめ。

f:id:betelgeuse8:20160228081446j:image
f:id:betelgeuse8:20160228081500j:image
f:id:betelgeuse8:20160228080918j:image

飽きたので外に出てみると、なかなかいい雰囲気。夕日を見た後、イルミネーションを楽しむカップルがたくさんいそうです。

せっかくの休日。人が多いところで疲れるより、ゆっくり過ごしたいという人はコスモスクエア駅で降りてみては。

AR姫路城

兵庫
f:id:betelgeuse8:20160227125115j:image

姫路城。
2015年春のリニューアルオープン後、観光客であふれています。

城内に入って驚いたのは、拡張現実(AR)が導入されていること。

姫路城大発見ARアプリを起動し、AR対応の場所でかざすと動画の再生が始まります。

当時、設備がどのように使われていたのかなどを視覚的に理解できます。

観光地では設備の説明が書かれた立て札をよく見ますが、それだけではあまりイメージできないことがあります。

ARの導入により説明がヴィジュアルでも伝わるので、イメージしやくなります。

姫路城のようにいろんな観光地にARが導入されるといいのですが。

夜の渡辺橋

大阪
f:id:betelgeuse8:20160215224021j:image

終電を逃してとぼとぼ渡辺橋を歩いていたところ出会った景色

深夜1時をまわっているにもかかわらずこの明るさです。川にキタの街が映っていて美しい。

左に見える建物はANAクラウンプラザホテル大阪。なかなか寝られないのかポツポツと明かりがついています。

きれいな景色に出会えることもあるので、たまには終電を逃してもいいですね。

大阪中之島漁港

大阪
土佐堀通りを西に進み、安治川沿いにさらに西に向かって歩くと、、、

右は川、左は工場や倉庫といった景色がしばらく続きます。

そのまま進むと突然「中之島みなと食堂」の看板が。

f:id:betelgeuse8:20160214102652j:image

調べてみるとここは大阪中之島漁港という場所のようです。

f:id:betelgeuse8:20160214104433j:image

ここに来るまでほとんど人に会わなかったのですが、漁港にはたくさんの人がいました。

f:id:betelgeuse8:20160214103503j:image

BBQスペースがあり、ここで買った新鮮な魚介類を焼いて食べることができるそう。

今度はぜひ友達一緒に来てBBQしたいですね。

土佐堀の夕焼け

大阪
f:id:betelgeuse8:20160209200019j:image

とある橋の上で撮影した写真。

ビジネス街から少し歩くだけでこんな風景があるのは驚きです。

ビルの側面と川を照らす夕焼けが金色に輝いていてとても美しい。

夕焼けを見られる時間帯は外回りの仕事なら帰社する時間でしょうか。この辺りに会社のある営業マンが羨ましい。

しかし、回れ右をして東を向くと、ビルが空間の半分を覆うほど建ち並んでいました。

欲を言えば東から昇る朝日もこの橋の上で見てみたい。